スポンサーリンク

スポンサーリンク


【2019年度版】神奈川の初詣穴場!子供お年寄りに優しい神社3選!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク


さえこです!初詣のランキングを先日載せましたが

「人が多いのは嫌だよ~」

「お正月から疲れたくない・・」

「子供がいるからゆっくりのんびり行きたい」

「お年寄りがいるから混んでると心配」

「車いすなので、人込みを避けたい」

「狭いところや坂が多い駐車場から遠いのは嫌だ」

そんな風に思っている方・・

でも、あんまり空いているのもなんだか寂しい・・

子供やお年寄りに優しい神社はどこ??

そう悩んでいる方のために3つ選んでみました!

報徳二宮神社(ほうとくにのみやじんじゃ)

神奈川 初詣 ランキング

報徳二宮神社のきんじろうカフェがおもしろい!!

報徳二宮神社の敷地内にある報徳会館。

こちらには、地域のヒト・モノ・コトが集まる場所として、

境内に『杜のひば』が開設されています。

この中には「きんじろうカフェ」「café小田原柑橘倶楽部」

ふたつのオープンカフェがあります。

元旦は朝7時から営業!

神奈川 初詣 穴場

 

神奈川 初詣 穴場

 

自分で焼けるお団子付き!クリームしるこなどもあったり

ちょっと変わったきんじろうのグッズがあったり、

小田原産のお土産も売っているコーナーもあります。

手作りのできるワークショップなどもあります。

お参りの後にほっと一息してみてはどうでしょうか?

報徳二宮神社 報徳会館の駐車場は

有料コインパーキング(30分200円 その後30分毎200円)になります。

杜のひろば「きんじろうカフェ」「cafe小田原柑橘倶楽部」

1グループ2000円以上のご利用内容により

1グループ1台のみ1時間の補助券を発券いたします。

報徳二宮神社の近隣のお立ち寄りスポットは?

なんといっても、小田原城ですね。

リニューアルで内装も一新。

お城としての魅力を余すことなく紹介するブースが増え、

さらに楽しめる観光スポットに生まれ変わった小田原城。

内部には新しくシアターが設置され、

後北條家の歴史や、小田原城のあれこれを解説しています。

シアター利用は天守閣入館料に含まれているので、誰でも視聴が可能。

「小田原城址公園」や「こども遊園地」などもあります。

小田原はおでんで有名。

「かまぼこ通り」があり、おでんやかまぼこが食べられるお店が

何軒かあります。

報徳二宮神社の基本情報

■神社名:報徳二宮神社

■お正月参拝時間:

12月31日 開門 午前6時 ~ 午後5時 閉門
1月1日 午前0時 ~ 午後7時30分
2日 午前6時 ~ 午後7時
3日以降 午前6時 ~ 午後6時

 

■住所:〒250-0014 神奈川県小田原市城内8-10(小田原城址公園内)

0465-22-2250

■アクセス:

『電車』:小田原駅東口 徒歩15分

『車』:西湘バイパス小田原インターを降り、国道1号線を熱海・箱根方面に向かい箱 根口交差点を右折してすぐ。(インターより2.5km車で5分)

小田原厚木道路荻窪インターを降り信号を右折。
次の交差点を左折し、小田原城方面に向かい登り坂を上り
左折し2km先左手。(インターより3km車で5分)
東名大井松田インターを小田原方面に降り、
国道255線を小田原方面に向かい10km先国道1号線交差点を右折し
箱根方面に向かい箱根口交差点を右折してすぐ。(インターより11km車で30分)

■駐車場:境内駐車場は12月31日~1月3日まで終日ご利用いただけません。



近隣の駐車場を予約できるサイトは、とても便利です。

■交通情報:電車だと小田原駅から15分ほど。

車だと駐車場を近隣の駐車場に停めることになると思います。

坂などもなく、平坦なので子供やお年寄りには優しい神社です。

■ご利益:「学業成就」「商売繁盛」「災難厄除」「開運出世」

■歴史:ご祭神が二宮尊徳翁(にのみやたかのりおう)で、二宮尊徳を祀る神社です。

■人出数:約3.5万人

■トイレ:報徳会館などもあるので、トイレに不自由はないと思います。

■屋台:

■お問い合わせ:小田原市役所、報徳二宮神社0465-22-2250

■URL:http://www.ninomiya.or.jp/ 報徳二宮神社

寒川神社

 

神奈川 初詣 ランキング

寒川神社は、八方除けで有名な日本で一つの神社です。

40万人の人出があります。

後醍醐天皇の御代に制定された延喜式で

「相模国唯一の名神大社」として定められた寒川神社は

鶴ケ岡八幡宮より、一宮としての格式は高いかもと言われています。

お土産に購入したいのは、八福餅。

伊勢名物の赤福餅に似ています。

神奈川 初詣 穴場

神奈川県内のデパートでも売っていないので、

寒川神社でしか買えません。

寒川神社は、元旦、二日は混みますが(時間によりますが)

3日になると、近隣の駐車場に停めれば、

ゆっくり行くことができます。

平坦で駐車場からそんなに遠くないので穴場ですね。

 

■神社名:寒川神社

■お正月参拝時間:元旦0時から3日まで終日参拝できます。

         4日以降は朝6時から夕方まで

■住所:〒253-0195  神奈川県高座郡寒川町宮山3916

           0467-75-0004

■アクセス:『電車』宮山駅から徒歩で5分

『車』圏央道寒川北ICから車ですぐ(出口を右折、中里交差点から2~3分)

■駐車場:<無料>駐車場あり(400台)。1月1日~3日は駐車不可。



■交通情報:近隣の駐車場から歩いて数分で坂道もありませんので、

行きやすい神社です。

境内の敷地も、広くて歩きやすいです。

■ご利益:八方除け、家内安全

■歴史:”ご来光の道”といわれるレイライン上にあるため、

最近ではパワースポットとして全国から訪れる人も多く、

御霊験あらたかな神様として信仰されています。

■人出数:40万人

■トイレ:2か所あり、トイレが広いです。

     バリアフリー化されていて、とても親切です。

     有人の受付 あり
車椅子の貸出 あり(4台)
賽銭箱前までスロープがあるため、 

     車椅子の方も自由にご参拝いただけます。

     ご祈祷を受けられる場合には、

     御本殿へもスロープよりご案内いたしますので

     車椅子の方もご安心してお越しください。

■屋台:屋台が名物になってるほど、たくさん屋台が出ます。

■お問い合わせ:寒川神社 0467-75-0004

■URL:http://samukawajinjya.jp/ 寒川神社

平塚八幡宮

神奈川 初詣 ランキング

「湘南ひらつか七福神」と呼ばれており、

広い境内には、樹齢を重ねた様々な木々が生い茂っており、

「八幡山公園」と呼ばれる大きな公園が隣接しています。

平塚駅から歩いて行けるので、小さいお子さんやご年配の方がいても

行きやすい神社だと思います。

神奈川 初詣 穴場

本殿とは別に、右手側にある社が「末社三社」になります。

左から出世・商売繁盛のご利益がある「神名社」

子供を守るご利益がある「若宮社」

開運・交通安全のご利益がある「諏訪社」

になります。

これらの三社はパワースポットとしても有名で、

本殿参拝と併せて祈願しにくる人が多いのです。

 

平塚八幡宮には、アヒルがたくさんいて、有名です。

アヒルのエサとなる「アヒルせんべい」が100円で販売されていて

お子さんと一緒に餌をあげても楽しいですね。

 

■神社名:平塚八幡宮

■お正月参拝時間:12月31日から1月4日まで終日(4日は21時まで)

5日以降は6時から21時まで

■住所:平塚市浅間町1-6

0463-23-3315

■アクセス:『電車』JR東海道線 「平塚駅」(北口)から市役所に向かって(北)徒歩8分 

『車』国道1号線沿い

■駐車場:無料の駐車場あり




■交通情報:駅から歩いて行け、坂もないのでとても行きやすいところです。

■ご利益:「勝負運」「武運」「安産祈願」

■歴史:古くは鶴峯山八幡宮といわれ、仁徳天皇が大地震に見舞われたこの地の人々を見て国土領民の安穏を願い、應神天皇の御神霊を祀ったのがはじまりといわれる由緒ある神社です。

■人出数:8万人

■トイレ:トイレのタイプ 洋式のみ
多目的トイレ なし
車椅子用トイレ あり

■屋台:いろいろな屋台が出て楽しいですよ

■お問い合わせ:平塚八幡宮(相模國一国一社)0463-23-3315

■URL:http://www.hachiman.org/index.html 平塚八幡宮

まとめ

神奈川県内には、たくさんの神社やお寺があります。

その中で、小さいお子さんがいたり、ご年配の方がいたりすると

なかなか混雑の中、行くのをためらってしまう人もいるでしょう。

でも、せっかくのお正月、初詣に行きたい!と思う方も多いはず。

そういう方のためにいろいろ調べてみましたが、

この3つの神社がおススメのような気がしています。

人出が少なくても、坂や山道であったり、駅から遠かったり、、

駐車場から遠かったりするとおススメはできなくて・・

私個人の意見と経験からではありますが、

この3つの神社は、どこも平坦で行きやすく、

時間をずらしたりすればスムーズに行けると思っています。

楽しいお正月になりますようお祈りしています。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク


コメントを残す